hitorigoto

岡 道信のひとりごと

すごろく
6
月に入り新型コロナも少しおさまり、世間が少し動き出した。ありがたい。
私の生活のリズムも安定しだしてきた。ただし、夜と昼が半分さかさまになったままだが。
夜は午後7時か8時から寝て、午後11時から午前1時に目が覚め、それからずーっと朝まで起きて、昼30分程度昼寝をする生活。よくよく考えてみると、中央市場で働いている方や漁師さんの生活である。そう考えると問題ない。生活が荒れているわけでもない。深酒をするわけでもない。当分この生活で行こうと思う。無理に普通の生活に戻す必要もない。
そして、少し普通と違う生活のリズムに、ふと「すごろくゲーム」を思い出す。
一緒にスタートして、一回休み、スタートからやり直し、近道など色々なハプニング、障害があり、いよいよゴールで上がりと言う時に、サイコロの目の数字がゴールにぴったり合わず何度もやり直し、遅れてきた人にぬかれたり、先に行っていた人をぬいてゴールしたりと、偶然のサイコロの目で勝ち負けが変わる。
人生も、サイコロの目のようにすごろくゲームのように、努力や工夫だけで予定どおりに思いどおりに行かない。何事があろうとくさることなく、常に変わらない自分自身の心がけで常に努力工夫し、自分の思いを達成できる自分の順番が来るまで、その時期を待つのである。努力、工夫、そして偶然の幸運。サイコロをふって毎日生活していると思えばいい。
すごろくゲームに感謝。
天に感謝。
(2020.6.6)


ひとりごとブログ版岡 道信のひとりごと *ブログ版