hitorigoto

岡 道信のひとりごと

やる気
9
月に入って台風を含め、雨の日が多い。
小売業は天気が悪いとお客様の足が鈍るので、売上がなかなか思いどおりにあがらない。仕方がないとは言うものの、少し気持ちも萎える。だが将来の夢を考え、気持ちを奮い立たせる。
また、自分の目標とするものを思い、目先のことにとらわれず、日々気持ちを奮い立たせ、やる気を起こす行動をする。とにかくその日一日精一杯生きることに集中する。
不器用なので、趣味でもやってと言うように、なかなか気分転換ができない。今、趣味はない。そこで、とことん自分の思いと向き合う。とことん向き合っていると、面白いことに苦痛でなくなる。苦しいことが楽しいことに変わる。苦いことがほのかに甘くいい味に変わる。不思議である。やはり人間は心の動物である。
前を向いて歩いて行きたい。
やる気に感謝。
(2018.9.15)



台風
9
4日、関西に台風。街路樹がそこここで倒れ、トラックが横転。
信号機は行くとこ行くとこで壊れ、信号機なしの道路。またあちらこちらで停電。
そうしていると、96日に北海道で大地震。
北海道全域で停電。また土砂崩れ道路陥没などひどい。
日本はどうなっているのだろうか。
自民党総裁選でこの国をどうしていくのかなどと言っているが、自然はそんな発言をすべて飲み込んでしまう。都市が町が原型をとどめることなく消えてなくなってしまうのである。
今はまだ部分部分で災害が起き、助け合いができているが、もっと大きなエネルギーが働いたときに、将来この国は存在するのだろうか。海底に沈むのかそれとも粉々になってなくなってしまうのか。最近の自然のありようを見ていると、それもあるのかと思うほどである。何か見えない力が働いていることは事実である。
そして、防災も大切であるが、頻繁に起きる想定外の自然災害を、余裕で回避できる、もしくは自然災害と共存できる超越した未来都市や環境を望みたい。
言葉は魔法。
人間の潜在能力に感謝。
人間の超能力に感謝。
(2018.9.8)



9月
今日から9月。
この3か月なかなか思うように行かず少しもやもやしていたが、
ああでもないこうでもないと試行錯誤しながら動いていると、少しいい変化の兆し。
そして、何事もやり続けなければならないと思う。自分の年齢のことも考えることはあるが、年齢は関係ないと言い聞かせ、自分自身を励ます。常に一度きりしかない人生。徹底的にやり抜くと思いながら暮らすこの10年。人よりは少し遅れて気がついたが、そのぶん余分に健康で長生きしようと、あつかましくずるいことを考えるこの頃である。
だが、実現不可能な目標ほど、達成される目標はないと言う原則と信念に基づき、200歳を目標に突っ走りたい。そうすればやりつくしたと感じられるかもしれない。やりつくしたと感じられる人生をおくりたい。
目標をもてば、知らず知らずのうちに目標を達成するための方法が見つかる。
そして常識を破り、超える。
言葉は魔法、実現不可能で実現可能な目標に感謝。
(2018.9.1)


ひとりごとブログ版岡 道信のひとりごと *ブログ版