hitorigoto

岡 道信のひとりごと

大相撲
大相撲は5月場所が始まった。
令和初めての場所とあって力士は張り切る。
だが横綱稀勢の里はすでに引退。横綱白鵬は初日から休場。
新大関の貴景勝はケガのため途中休場。などなど、めまぐるしい。
私は大相撲でいつも思うことがある。
番付である。一場所で番付が大きく変わる。一年たてばまるっきり違う番付になる。
普通の人生も同じである。一年で大きく境遇が変わる。いやもっと短い期間でも大きく変わる。だからこそ日々大切に生きたい。だからこそ、今を大切に生きたい。今、最高の努力と工夫がしたい。
今に感謝。人生の縮図である大相撲の番付に感謝。
(2019.5.18)



暑い寒い
ゴールデンウイークも過ぎ、やっと普段の生活。
お天気も暑かったり寒かったりと言う日が続いていたが、
ここに来て暑さが急に増し、30度を超える日が出てきだした。
もうすぐ梅雨。すぐ目の前にある暑い夏。
季節は駆け足で変わる。世の中も駆け足で変わる。
暑い、寒いの急激な変化は今の時代の流れを表している。
私の身の回りも刻々と変化している。
いい変化にのれるよう生活したい。
刻々と変化するすべてのものに感謝
(2019.5.11)



令和
5
1日、天皇が変わり、平成から令和に改元。時代が変わった。
世間は連休でお祭り騒ぎ。令和の時代はどうなっていくのだろうか。
情報があふれ、色々な社会問題を持った現代社会。
そんな社会問題がどのように解決していくのだろうか。
また自分の人生がどんなふうになっていくのだろうか。
世間で連休が多いと自分が休んでいなくても余分なことを考えてしまう。
今自分が何が何でもやらなければならないこと一つに集中したい。
余分なことを考えさせてくれる世間の連休と、
それを排除しようとする自分自身の頑固さに感謝。
(2019.5.5)


ひとりごとブログ版岡 道信のひとりごと *ブログ版