hitorigoto

岡 道信のひとりごと

寒い
一月も後半、寒い日が続く。
世界中でオミクロンが猛威を振るい感染者大爆発。
日本でもここ
2週間であっという間に広がった。
どうなるのだろうかという不安もあるが、もうどうでもいいやという開き直りの気持ちになり、私の心は今までとは違う。私の中で何が変わったのだろうか。寒さに対しても、どうでもいいやという開き直りの心が広がる。今まで何に対しても、これほどどうでもいいやという開き直りの気持ちが強くなったことはない。今年に入って強くなった。別に投げやりになっているわけではない。何事に対しても無関心になったわけでもない。ある人の言葉が、もうどうでもいいという気持ちを強くさせたのである。余分なことに自分の気持ちを入れなくなった。「岡君、一度すべてのものを捨ててみたら。そうすれば、本当に必要なものや大切なもの、本当にやりたいことや、本当に残さなければならないものに気づくよ」と言われ、あっと気がついたのである。
「捨てる」に感謝。
(2022.1.23)



大学入試共通テスト
いよいよ入試のシーズン。学生さんはテストテストで大忙し。
世間はオミクロンに、海底火山の噴火で大変。
大変大変で世の中どうなっているのと思うが、生きている限りなにかかにかある。そこでここ数年で気がついたのだが、どうせ色々あるなら毎日楽しく生きたい。自分の感情を「常に楽しい」にしたいと心がけている。なんでも楽しむ。その一点に絞っている。
「楽」に感謝。
(2022.1.16)



一生懸命
明けましておめでとうございます。
正月2日。NHKで朝720分から大谷翔平さんのドキュメントを見た。
ただひとつ印象に残ったのは彼の父が小学生の彼に、一生懸命声を出すこと、一生懸命走ること、一生懸命キャッチボールすること、その先にいいことがあるそのことを教えた。と言う言葉だった。あっと気づかされる言葉だった。私も遅ればせながら一生懸命に集中する人生にしたい。
「一生懸命」に感謝。
(2022.1.7)


ひとりごとブログ版岡 道信のひとりごと *ブログ版