hitorigoto

岡 道信のひとりごと

夢中
6
月も半ばを過ぎ、梅雨で雨が降る日が多い。天気がはっきりしない。
そんな中、私の生活はパソコンに向き合う時間が多くなり、時間があっという間に過ぎる。
そして思う。何かに夢中になっていると、時を忘れてしまう。パソコンはあくまで道具であるが、仕事や調べものをしているとあっという間に時間が過ぎる。もっともその間、考えている時間も含まれる。いずれにせよ無我夢中になると、時を忘れて動いている。
そしてあらためて思う。時は、その時々の状況によって、過ぎ方の感じ方が違う。
夢中に感謝。
(2018.6.16)



魔法の国
6
月に入り、いよいよ梅雨入り。天気がはっきりしない。
だが、私の心はすっきり。
理由は簡単。先月「ひとりごと」で書いたように、私は魔法の国で暮らすと決めたからである。
魔法の国で暮らすと、普段の生活が非常に楽であまりあれこれ考えずに済む。自分の目標と目的だけに集中できる。無限である。見えない自分の目が見えている。不思議である。そして、力も入れないのに、必要な力が出てくる。魔法の国の扉を開けば、いつも幸せを感じながら生活できる。皆さんも魔法の国の扉を開いてみてください。入口は自分の心の中にあります。
魔法の国に感謝。
(2018.6.9)



6
いよいよ6月。
うどん双樹は5月決算。気持も新たに新年度入り。とは言え今月で、今年も半年が過ぎる。
世の中は、世界では612日に米朝首脳会談が開かれるかどうか話題になる。日本では日大アメフトの重大な反則問題が話題。
そして一つの質問をしてみる。この二つの何が問題なのか。共通点がある。

ルールをまもらないことで、北朝鮮も日大アメフト部も問題になっている。また一人の独裁者がルール違反を行った。問題の本質は同じで「ルール違反」である。人間社会では、自然の摂理と決められたルールの中で生きていかないと生きていけないのである。
自然の摂理とルールに感謝。
(2018.6.2)



ひとりごとブログ版岡 道信のひとりごと *ブログ版