hitorigoto

岡 道信のひとりごと

台風19号
10
12日台風19号が関西をかすめ、東海・関東地区に上陸すると日本中大騒ぎである。
それもそのはず、最近の台風は大型で大きな被害をもたらす。人命にもかかわってくるので大変である。そして今の時代は便利なだけに、ひとつ被害にあうとすべてに関わり、そのことで多くの人が困窮する。特にライフライン。電気、水道、ガス、道路、どれがダメでも生活できない。もちろん家屋が被害にあうとどうにもならない。
だが、自然の中に生かされている人間だから、理屈から言えば自然とともに生きていかなければならない。天災が起きるたびに普段の何気ない生活のありがたさがわかる。「幸せ」は、常に自分のそばに、目の前に、普通に存在していることを実感する。
普段の何気ない「幸せ」に感謝。
(2019.10.12)



発見、気づき
10
月に入り気候が良くなり過ごしやすい季節になると思うのだが、暑さはまだ続いているし、台風の影響で雨は多いし、どうもはっきりしない気候である。
そして私は相変わらずなんとなく忙しい。そうした中、ちょっと考えてみた。
私は60歳にもなるのに、何一つ何かをやり遂げたと言うことがない。また、これでいいと思うこともない。昨今十代の若者が活躍し、本当に素晴らしいと思うことが多い。そして私と何が違うのだろうかと考えてみた。能力・心がけ・努力・集中力・環境など違いは数限りない。だが、その大元は何か。
発見した。「脳の使用方法」。
頭がいいとか悪いとかではなく「脳の使い方」これだ。
脳の使い方で、人格も運も知識も知恵も感情も成績も運動も体力も人間関係も境遇も将来も、すべてが変わる。ありとあらゆるものが変わる。脳の使用方法がわかれば、すべてが可能になる。決して頭がいいとか悪いとか、努力で成績が変わるのではない。脳の使用方法で頭の良さも変わるし、努力のやり方や努力の結果が変わるし、当然人格や境遇も変わる。

私は今まで「脳の使用方法」がわからなかったのである。そのせいで何をやってもいい結果、思う結果が得られなかった。頭が悪いとか努力が足りないとか工夫が足りないとかハンディーがあるとか物理的にできないとか、いろいろなことが原因でいい結果が得られないと考えるところがあった。だが色々な情報を本やテレビやラジオや新聞、パソコンや人からのアドバイスなどで「発見」した。いや気がついた。すべては自分の脳の使用方法で変わる。これからは「脳の使用方法」を学びたい。
人生を劇的に変える「脳の使用方法」に感謝。
(2019.10.5)


ひとりごとブログ版岡 道信のひとりごと *ブログ版